アジの南蛮漬け

材料(4人分)

  • アジ :4尾
  • 塩 :少々
  • コショウ :少々
  • 片栗粉 :適量
  • サラダ油 :適量
  • 玉ねぎ :1個
  • 人参 :1/2本
  • ピーマン :1個
    漬け汁

  • 醤油 :大さじ3
  • 酒 :大さじ3
  • 水 :大さじ3
  • 酢 :大さじ3
  • 砂糖 :大さじ2
  • みりん :大さじ2

アジの南蛮漬けの材料

作り方

概要
  1. ボールに漬け汁の調味料を入れて混ぜ、千切りにした玉ねぎ・人参・ピーマンを入れひと煮立ちさせ、バットに広げておく。
  2. アジは3枚におろし、小骨もとる。
  3. アジの身をお好みの大きさに切り、塩、コショウを振ってから片栗粉をうすくまぶす。
  4. フライパンにサラダ油を入れ、アジを焼く(ふたをする)。
  5. 熱いうちに漬け汁に漬ける。
  1.  玉ねぎは薄くスライス、人参は長い千切りになるように、斜めにスライスしてから千切りにします。ピーマンは半分に切って、種を取り除いてから斜めにスライス。野菜はお好みで、からし菜・パプリカ・セロリなどにしても良いです。
    漬け汁は、じゃぶじゃぶにならない分量。(材料がひたひた位で汁が残らない分量です。)
    そのままでもいいですが、少し硬いので、まず、ニンジンから入れて火にかけます。少ししんなりしたら、玉ねぎ・ピーマンを入れて火を止めます。
    (硬い方がいい方は、火にかけずそのままでも大丈夫です。)
    バットに広げておきます。
  2.  基本的に魚はみんな一緒です。鱗をひいたりするものもありますが、だいたい手順は一緒。
    汚れるのでまな板の下に、新聞紙を敷くと良いです。
    まずゼイゴ。両面にあります。しっぽの方からやさしく削ぐように包丁をいれると取れます。そんなに身を取らないようにしましょう。片面が取れたら、裏返して反対側も取ります。
    次に胸びれを持って、斜めに包丁を入れ、背骨まで切ります。この時、包丁は立てた方がよいです。そうしたら、裏返し、また胸びれを持って斜めに包丁を入れて、頭を落とします。
    切り口から包丁を入れて、内臓を出していきます。手でもいいですが、包丁でかきだしてもいいです。
    この時に腹びれも落とします。ここまでやったら水で洗います。
    そうしたら、背びれの上にすーっと包丁をいれます。そこを目印に包丁を入れます。身と骨の間に包丁を入れます。包丁の下に骨を感じつつ最後まで切り落とします。反対にして背びれの上にもう一回すーっと包丁を入れます。また同じで、下に骨を感じながら、身と骨を離します。
    身の2.5㎝くらいのところに包丁を入れて、腹骨をそぎとります。手でとれることもあります。身の真ん中を触ってもらうと、まだ骨があります。それを骨抜きで抜いていきます。触るとわかりますが、この骨は、しっぽが近くなるとなくなります。大体の魚がそうです。
  3. アジ

  4.  塩コショウをしてしばらく置きます。そのあと水気を切って片栗粉薄くまぶします。
  5. アジ,塩,コショウ

  6.  フライパンにサラダ油を熱して、鯵を揚げていきます。先に身の方から入れて、皮を上にすると反らずにきれいに揚がります。丸まってきません。
  7.  揚がったものから、どんどんつけ汁に入れていきます。お好みで漬け時間を加減して盛り付け、出来上がりです。