生八ツ橋

生八ツ橋6

材料(25~30枚分)

  • 白玉粉 :60g
  • 水 :180cc
  • 米粉 :120g
  • 砂糖 :150g
  • シナモン :少々
  • 小倉あん :120g
  • <打ち粉>

  • きな粉(黄色) :適量
  • 抹茶(緑色) :適量
  • シナモン :適量

作り方

概要
  1. ボールに白玉粉を入れて、水を少しずつ加えてよく溶かす。
  2. 米粉、砂糖、シナモンを加えて良く混ぜる。(とろとろ状)
  3. 蒸気の上がった蒸し器に、クッキングシートなどで流れださないようにしっかりと淵を作り、2を流し込む。15分間蒸す。
  4. 熱いうちにすりこぎで滑らかになるまでつく。
  5. きな粉とシナモンを合わせて打ち粉とする。(抹茶も同様)
  6. 5を多めにふった台で4を伸ばし、ちょうどよい大きさの正方形に切り、小倉あんを挟んで二つに折る。
  1. 白玉粉に水を少しずつ入れてしっかりと混ぜます。
  2. 生八ツ橋7

  3. 次に米粉と砂糖を入れてよく混ぜます。
    シナモンも加えますが、お好みで様子を見ながら入れてください。
  4. 生八ツ橋8

  5. トロっとした生地ですが、蒸し器にクッキングペーパーを敷いて、淵を作っておくと流れ出しません。
  6. 生八ツ橋9

  7. 蒸しあがったら大きなボールに出して、すりこぎでついていきます。
    ゆっくりやっても固くなりにくい生地なので、安心してゆっくりやりましょう。
  8. 生八ツ橋10

  9. きな粉とシナモンを混ぜておいて、打ち粉代わりにします。打ち粉で色を付けていくので、打ち粉を入れ込むように捏ねていきます。捏ねるときは最初熱いので火傷しないように気を付けましょう。
  10. 生八ツ橋11

  11. 薄くのばしていきます。くっつくようなら打ち粉を足して下さい。まずは、ある程度の大きさの四角形に伸ばしてから、等分に切り分けます。
    その後、7㎝×7㎝くらいに伸ばしましょう。あんこを挟んで、三角におります。
    綺麗な三角の面を上にしましょう。
    抹茶も同様にして作ります。
    分量のあんこは少なめですが、家で作るときは、お好みで好きな量を入れてください。
    味は一緒ですから、好きな形に切って作っても楽しいでしょう。
  12. 生八ツ橋12