次世代住宅ポイントについて

次世代ポイント1

次世代住宅ポイントで交換できる商品は?

家具、家電、食料品・飲料等、たくさんの種類の商品が用意されます。
2020年3月31日まで、随時追加されていく予定ですから、次世代住宅ポイント交換商品ポータルサイトをチェックしてみましょう。
なお、現金や商品券、即時交換(工事費への充当)は、含まれていません。

次世代住宅ポイントの上限は?

Ⅰ.住宅(貸屋を含む)リフォームの場合

1戸当たり上限30万ポイント
※「若者・子育て世帯」45~60万ポイント、「安心R住宅購入」45万ポイントの上限特例がある。
※既存住宅を購入、リフォームの場合各リフォームポイント2倍。

Ⅱ.新築(貸家を除く)の場合

1戸当たり上限35万ポイント
※より高い性能を有する住宅(長期優良住宅 等)の場合には、ポイントを付与。
※家事負担軽減に資する設備及び耐震性のない住宅の建て替えには、決められたポイントを付与。

次世代住宅ポイントの発行申請期間は?

2019年6月~2020年3月
※予算が終わり次第終了。
※請負金額1000万円未満のリフォームについてはポイントの発行申請が10月以降となる。
1申請当たり合計2万ポイント未満の場合は、発行申請不可。

対象となる工事と発行ポイントは?

Ⅰ.住宅(貸屋を含む)リフォームの場合

  1. 開口部の断熱改修
  2. 対象工事 大きさ ポイント数
    ガラス交換(1枚あたり) 大(1.4㎡以上) 0.7万ポイント
    中(0.8㎡以上1.4㎡未満) 0.5万ポイント
    小(0.1㎡以上0.8㎡未満 0.2万ポイント
    内窓設置(1窓あたり) 大(2.8㎡以上) 2万ポイント
    中(1.6㎡以上2.8㎡未満) 1.5万ポイント
    小(0.2㎡以上1.6㎡未満) 1.3万ポイント
    ドア交換(1か所あたり) 大 開戸:1.8㎡以上 2.8万ポイント
    大 引戸:3.0㎡以上
    小 開戸:1.0㎡以上1.8㎡未満 2.4万ポイント
    小 引戸:1.0㎡以上3.0㎡未満
  3. 外壁、屋根、天井または床の断熱改修
  4. 対象工事 ポイント数
    外壁 全体改修 10万ポイント
    部分改修 5万ポイント
    屋根・天井 全体改修 3.2万ポイント
    部分改修 1.6万ポイント
    全体改修 6万ポイント
    部分改修 3万ポイント
  5. エコ住宅設備の設置
  6. 対象工事 ポイント数
    太陽熱利用システム 2.4万ポイント
    節水型トイレ 1.6万ポイント
    高断熱浴槽 2.4万ポイント
    高効率給湯器 2.4万ポイント
    節湯水栓 0.4万ポイント

    ※「節水型トイレ」と「掃除しやすいトイレは」重複申請できません。

  7. バリアフリー改修
  8. 対象工事 ポイント数
    手すりの設置 0.5万ポイント
    段差解消 0.6万ポイント
    廊下幅等の拡張
    (750㎜以上 浴室入口は600㎜以上)
    2.8万ポイント
    ホームエレベーターの新設 15万ポイント
    衝撃緩和畳の設置
    (4.5畳)
    1.7万ポイント
  9. 耐震改修
  10. 対象工事 ポイント数
    耐震改修工事 15万ポイント
  11. 家事負担軽減に資する設備の設置
  12. 対象工事 ポイント数
    ビルトイン食器洗機 1.8万ポイント
    掃除しやすいレンジフード 0.9万ポイント
    ビルトイン自動調理対応コンロ 1.2万ポイント
    浴室乾燥機 1.8万ポイント
    掃除しやすいトイレ 1.8万ポイント
    宅配ボックス(住戸専用) 1万ポイント

    ※「掃除しやすいトイレ」と「節水型トイレ」は重複申請できません。

  13. リフォーム瑕疵(かし)保険への加入
  14. 対象 ポイント数
    リフォーム瑕疵保険への加入または
    大規模修繕工事瑕疵保険への加入
    0.7万ポイント
  15. インスペクションの実施
  16. 対象 ポイント数
    インスペクション
    (建物状況調査)の実施
    0.7万ポイント
  17. 若者・子育て世帯による既存住宅の購入に伴う一定規模以上のリフォーム
  18. 対象工事 ポイント数
    税込100万円以上の工事に対して 10万ポイント
  19. 既存住宅購入加算
  20. 自らの居住を目的に既存住宅を購入し、リフォームを行う場合 1~8のポイント2倍

Ⅱ.新築(貸家を除く)の場合

  1. エコ住宅(断熱等級4または一次エネ等級4以上)
  2. 長持ち住宅(劣化対策等級3かつ維持管理対策等級2以上)
  3. 耐震住宅(耐震等級2をを満たす住宅または免震建築物)
  4. バリアフリー住宅(高齢者等配慮対策等級3以上)

※1~4いずれかに該当する場合30万ポイント/戸を付与

リフォーム工事のおすすめパターン紹介

1回の申請は合計20,000ポイント以上で可能です。
次世代2


次世代3


次世代4